欧米輸入(Amazon輸入)の真贋調査について知っておきたいこと

.jpg - 欧米輸入(Amazon輸入)の真贋調査について知っておきたいこと

皆さん、こんにちは~。元公務員のすぐるです。

今日は、欧米輸入(Amazon輸入)の真贋調査について解説したいと思います。

それでは、早速行ってみましょう~。

欧米輸入(Amazon輸入)の真贋調査とは?

Amazonで欧米輸入をやっていて、一番怖いのがこの「真贋調査」です。

真贋調査とは、Amazon側から「あなたの販売している商品は本物ですか?」、「偽物を販売していませんか?」という疑いがかけられる調査のことです。

近年、皆さんもご存知の通り中国製の商品が市場に出回るようになりました。

中国製の商品は安くて、最近では品質の良いものも出てきました。

ですが、中には有名ブランドを模倣した悪質な商品も出回っているのも事実です。

このような偽物の商品が販売されるのを防ぐため、Amazonでは近年真贋調査を厳しくしているという現状です。

特に、Amazon販売用アカウント設立1年半までのセラーに真贋調査が入る可能性が高くなっています。

真贋調査が来ると、資料の提出を求められます。

この資料の提出に適切に対応できないと、最悪アカウントの停止・閉鎖もあり得ますので注意が必要です。

アカウント停止・閉鎖になったら売上金が保留されるなど、大変です…。

真贋調査には、3つの種類があります。

  • ランダムピック

欧米輸入初心者が一番気を付けないといけないのがこのランダムピックになります。

先ほど、Amazon販売用アカウント設立1年半までのセラーに真贋調査が来やすいという話をしました。

Amazonで販売を開始してある一定の売上がたつと、販売している商品の中から3ASINをランダムに選ばれ、調査になる可能性が高いです。

Amazon販売用アカウント設立1年半までのセラーが対象になることが多いので、欧米輸入初心者は注意が必要です。

  • メーカーからの依頼

著作権の侵害、知的財産権の侵害、商標権の侵害などで、メーカーから通報されるケースです。

メーカーの商品を勝手に販売していると、メーカーからクレームが入ることがあります。

  • お客様からの通報

「偽物が届いた。」、「商品ページ記載の商品とは別の商品が届いた。」などとお客様からクレームが入るケースです。

また、同業者からの嫌がらせが来ることもあります。

ちなみに、真贋調査では以下の書類の提出が求められます。

  1. 購入した際のレシート原本
  2. 請求書
  3. 荷物の配送に関する書類
  4. 仕入先の情報 など

欧米輸入の真贋調査で心掛けていること

次に、僕自身が真贋調査になった時に困らないように心掛けていることを話します。

ちなみに、欧米輸入は半年間強やっていましたが、一度も真贋調査が来たことはありませんでした。

僕の身の回りでも、聞いたことはありません。

ですが、いざ真贋調査になったら大変です…。

皆さんも、気を付けてくださいね。

① Amazon.com本体が販売している商品を仕入れる

一つ目は、Amazon.com本体から仕入れるということです。

Amazon.comの商品の中には、Amazon.com本体が出品しているケースと、一般のセラーが出品しているケースがあります。

一般のセラーとは、僕たちみたいなセラーのことを言います。

このうち、Amazon.com本体が出品している商品は、「海外のAmazonが販売している商品だから、偽物の訳がない。」という理屈で、真贋調査に通りやすい傾向があります。

ちなみに、Amazon.com本体が出品している商品なのかは、商品ページ右側を見れば分かります。

Amazon - 欧米輸入(Amazon輸入)の真贋調査について知っておきたいこと

② セラースケットを利用する

二つ目は、セラースケットを利用するです。

セラースケットはこちら

セラースケットとは、Amazonアカウントの停止・閉鎖を復活・予防するツールです。

セラースケットでは、商品1つずつを危険度A~危険度Dに分類し、アカウントリスクのある商品かどうかを見分けられるようになっています。

.jpg - 欧米輸入(Amazon輸入)の真贋調査について知っておきたいこと

危険度A~危険度Dの内訳は以下の通りです。

  • 危険度A…アカウントの停止の可能性大。
  • 危険度B…アカウントの停止の可能性中。
  • 危険度C…請求書通知の可能性あり。
  • 危険度D…商品ページ削除の可能性あり。

欧米輸入初心者の方は、危険度A~危険度Dの商品はいずれも出品しないようにしましょう。

(Amazonアカウント開設15カ月以上だと、危険度Dの商品は出品許容可能だとのことです。)

気になるセラースケットの料金ですが、1か月当たり2480円です。

また、セラースケットには月額2480円のスタンダードコースの他に、月額4980円のプレミアコースというのもあります。

プレミアコースに入会すると、万が一のアカウント停止・閉鎖時にサポートをしてくれます。

入っておくと、安心ですね。

まとめ

以上で、欧米輸入(Amazon輸入)の真贋調査について知っておきたいことについての解説は終わりです。

欧米輸入初心者の方は、真贋調査にならないように細心の注意を払ってくださいね。

それでは、またお会いしましょう!

すぐる

物販・輸入ビジネスのコンサル生募集!

当ブログでは、物販・輸入ビジネスのコンサル生を募集しています。

①Amazon輸入ビジネスのコンサル

(資金が100万円用意できない人におすすめ!)

  • 限定会員サイトにご招待
  • チャットワークで無制限質問可能
  • 充実の半年間サポート
  • 月に1回の経過報告

ただ今、コンサル費用大幅値下げ中です!

詳しくはこちらをクリック!

 

②中国輸入OEMビジネスのコンサル

(資金が100万円以上用意できる人におすすめ!)

  • 限定会員サイトにご招待
  • チャットワークで無制限質問可能
  • 充実の1年間サポート
  • 月に1回の経過報告

ただ今、コンサル費用大幅値下げ中です!

詳しくはこちらをクリック!

物販・輸入ビジネスのプチコンサル始めました!

  • いきなりコンサルを受けるのは抵抗がある…。
  • すぐると対面で話してみたい。

という方のために、プチコンサル始めました!

ZOOMやSkypeを使って、実際にお話ししましょう。(1時間5,000円~)

詳しくはこちらをクリック!

※ラーンビズという外部サイトに飛びます