Amazon輸入に必要な資金はどれくらい?

.jpg - Amazon輸入に必要な資金はどれくらい?

皆さん、こんにちは~。元公務員のすぐるです。

今日は、Amazon輸入に必要な資金について解説したいと思います。

それでは、早速行ってみましょう~。

Amazon輸入に必要な資金はどれくらい?

結論から言います!

Amazon輸入を始めるのに最低限必要な資金は、50万円です。

50万円あれば月利10万円を達成することが可能です。

そして、儲かったお金をAmazon輸入に再投資し、事業の規模を大きくしていきましょう。

もちろん、50万円の資金が無い場合でもAmazon輸入を始めることは可能です。

20万円・30万円の資金でも、回転の良い商品を選定すれば月利10万円を達成することは可能でしょう。

ただし、Amazon輸入初心者がいきなり回転の良い商品ばかりを選定するのは、少々難しいです。

やはり、50万円くらいの資金を貯めてからAmazon輸入を始めるべきでしょう。

また、資金はあればあるほどいいです!

資金が100万円ある方は、月利20万円。

資金が200万円ある方は、月利40万円。を目指せます。

さらに、Amazon輸入だけでなく、上位の物販モデルであるメーカー取引やOEMビジネスに取り組むことだって可能です。

Amazon輸入を始めとした物販ビジネスは、資金力がモノを言いますね。

Amazon輸入に必要な固定費はどれくらい?

ついでに、Amazon輸入に必要な固定費についても解説したいと思います。

僕が普段使っている有料ツール・有料会員の内訳について紹介しますね。

まずは、有料ツールから。

  • アマリストEX

アマリストEXは、商品リサーチツールになります。

日米Amazonの価格差を比較し、見込み利益を計算してくれるツールです。

月会費は、5000円

  • keepa

keepaは、おおよその月間売上数の把握、及びトラッキング機能を兼ね備えたツールになります。

Amazonには売上ランキングというものがあり、商品が売れた時にそのランキングが上昇するという仕組みになっています。

keepaは、そのランキング上昇回数を計算し、月間販売数を自動で計算してくれます。

また、トラッキング機能も便利です。

keepaに価格とメールアドレスを登録しておくだけで、一定の価格になった時にメールで知らせてくれます。

月会費は、15ユーロ(=約2000円)です。

  • セラースケット

セラースケットは、Amazonのアカウントリスクがある商品を自動で抽出してくれるツールになります。

さらに、プレミアム会員になればAmazonアカウントが停止や閉鎖に陥ってしまった時に、復活に向けてサポートしてくれます。

復活する確率は95%を超えているそうです。

Amazonアカウントを作りたての場合、停止や閉鎖になる可能性があります。

Amazon輸入初心者の方であれば、プレミアム会員に入っておくことをおすすめします。

プレミアム会員の月会費は、4980円です。

  • プライスター

プライスターは価格改定のツールになります。

Amazonにも価格改定の機能はありますが、あまり機能は充実していません。

一方で、プライスターにはAmazonの価格改定機能にはない機能があります。

赤字ストッパーなどですね。

価格改定のツールは必ず導入しておきましょう。

プライスターの月会費は、5280円です。


次に、有料会員。

  • Amazon.comプライム会員

アメリカAmazonのプライム会員費のことです。

Amazonプライムに入っておくことで、通常の会員より商品の到着スピードが速くなります。

Amazon輸入はスピードが大切なので、必ず入っておくようにしましょう。

Amazon.comプライム会員費は、年間プランで$119です。

一か月当たり、約$10(=約1200円)ですね。

  • Amazon大口出品手数料

Amazonで出品するのに必要な手数料のことです。

Amazonで出品するには、大口出品か小口出品を選ぶ必要があります。

大口出品は月額4900円、小口出品は月額無料です。

ただし、小口出品の場合成約料がかかります。成約料は1商品当たり100円です。

つまり、1か月当たり50商品以上販売できる方であれば大口出品の方が得ということですね。

Amazon輸入を始めて3か月も経てば、1か月50商品以上扱うことになります。

小口出品ではなく、大口出品で登録しておきましょう。

前述しましたが、大口出品の月会費は4900円です。

  • 納品代行会員費

FBA納品代行を使っている場合、納品代行の月会費が発生します。

FBA納品は単純労働なので、できるだけ早めに納品代行を利用することをおすすめします。

FBA納品代行で有名なのは福富サポートとサポートBBです。

ちなみに、僕は福富サポートを利用しています。

福富サポートの月会費は3980円です。

まとめ

以上で、Amazon輸入に必要な資金についての解説は終わりです。

Amazon輸入を始めるのに必要な資金は、最低50万円でしたね?

それでは、またお会いしましょう!

すぐる

物販・輸入ビジネスのコンサル生募集!

当ブログでは、物販・輸入ビジネスのコンサル生を募集しています。

①Amazon輸入ビジネスのコンサル

(資金が100万円用意できない人におすすめ!)

  • 限定会員サイトにご招待
  • チャットワークで無制限質問可能
  • 充実の半年間サポート
  • 月に1回の経過報告

ただ今、コンサル費用大幅値下げ中です!

詳しくはこちらをクリック!

 

②中国輸入OEMビジネスのコンサル

(資金が100万円以上用意できる人におすすめ!)

  • 限定会員サイトにご招待
  • チャットワークで無制限質問可能
  • 充実の1年間サポート
  • 月に1回の経過報告

ただ今、コンサル費用大幅値下げ中です!

詳しくはこちらをクリック!