Amazon×OEMに必須であるSEOの概要を知っておこう!

SEO - Amazon×OEMに必須であるSEOの概要を知っておこう!

皆さんこんにちは~。

元公務員のすぐるです。

今日は、Amazon×OEMに必須であるSEOの概要について解説していきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう~。

AmazonSEOとは何か?

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化の略語です。

ですので、AmazonSEOとは、Amazonの検索エンジンに対して商品ページの評価を上げ、特定のキーワードで検索した時に上位に表示させるように最適化することを言います。

結果として、Amazonで商品を探しに来た人に自分の商品ページを見てもらえる可能性が高まります。

例えば、Amazonでパソコンを探しているお客様がいるとします。

もし、あなたがAmazonSEOについて深く理解をしていなければ、パソコンというキーワードで上位表示させることは難しいでしょう。

上位表示できなければ、お客様に自分の商品ページを見てもらえる可能性も低いです。

逆に、あなたがAmazonSEOについて深く理解をしていれば、パソコンというキーワードで調べた時に上位表示させることが可能です。

お客様に自分の商品ページを見てもらえる可能性も高まります。

そもそもSEOという言葉は、googleに対して使われていました。

googleで検索した時に上位表示させることをSEOと呼んでいました。

googleのSEOは近年かなり複雑化されています。

もはや素人が手を出せるものでは無くなってきており、SEO対策の効果が出るのも最低3か月はかかります。

対して、AmazonSEOは現状シンプルです。

SEO対策の土台としては、googleのSEOをベースとしつつ、そこにAmazon独自の要素を織り込んでいく形となります。

A9とは何か?

A9とはAmazonの検索アルゴリズムのことを言います。

Amazonの検索結果画面は、A9によってランキング付けされています。

ですので、AmazonSEOでは、A9がどのように動いているか分析し、できるだけA9にいい評価をもらうことが大切になります。

googleと同様にA9もそのアルゴリズムがどのようなものであるかは公開されていません。

なので、仮説と検証によってアルゴリズムがどのようなものであるのか、1から解析していく必要があります。

ですが、安心してください。

すでに多くの仮設と検証によってA9のアルゴリズムの大半が解析されています。

そして、A9のアルゴリズムはgoogleと比較するとまだまだシンプルで攻略可能です。

SEOの重要性について

では、なぜここまでSEOが重要なのでしょうか?

とある調査では以下の数字が出ています。

  1. Amazonで検索する人の70%は2ページ目以降を見ない
  2. 65%の人が最初から3つの商品をクリックする
  3. 35%の人が最初の商品をクリックする

① Amazonで検索する人の70%は2ページ目以降を見ない

この数字は衝撃的だったのではないでしょうか??

Amazonの調査によると、Amazonで検索する人の70%は2ページ目以降を見ないという結果が出ています。

つまり、1ページ目に表示されないと30%のお客様を取り逃がしてしまうことになるのです。

ですので、少なくとも1ページ目に表示されていないといけません

詳しくはこちらをご覧ください。

② 65%の人が最初から3つの商品をクリックする

とある調査によると、Amazon検索結果画面で最初から3つまでの商品をクリックする人は65%です。

ですので、1ページ目に表示されているだけでは多くのお客様を取り逃がしてしまうことになります。

AmazonSEOを攻略して、検索結果の3番目までに表示させることが大切になります。

③ 35%の人が最初の商品をクリックする

また、別の調査によると、Amazon検索結果画面で最初の商品をクリックする人は35%です。

ですので、検索結果3番目までとは言わず、検索結果の1番目までに表示させることが大切になります。

まとめ

ここまで、Amazon×OEMに必須であるSEOの概要について解説してきました。

特に、中国輸入OEMビジネスでは、中国の工場から500個とか1000個という大ロットを仕入れます。

ですので、AmazonSEOを理解していないと、Amazonで上位表示されない→お客様に商品ページを見てもらえない→お客様に商品を買ってもらえない→全然商品が売れない&検索結果もどんどん下がっていく…

という悪循環に陥ってしまい、大量の売れ残りが出てしまう可能性もあります

なので、AmazonSEOについての深い理解が必要となります。

それでは、またお会いしましょう!

すぐる