欧米輸入ビジネスが初心者に人気である理由!

.jpg - 欧米輸入ビジネスが初心者に人気である理由!

欧米輸入ビジネス初心者のあなた、こんにちは。元公務員のすぐるです。

欧米輸入ビジネスに興味があるけど、果たして人気があるのか?気になっている方はいらっしゃいませんか?

結論から言いますと、欧米輸入ビジネスって初心者にとても人気のある手法なんです。

では、どういったところが人気なのか?お話ししたいと思います。

欧米輸入ビジネスが初心者に人気である理由とは?

早速ですが、本題です。

欧米輸入ビジネスが初心者に人気である理由についてお話ししたいと思います。

① ビジネスモデルをイメージしやすい

欧米輸入ビジネスに関する書籍を、書店で見かけることもあると思います。

ざっと読んで頂いた方は分かると思うのですが、欧米輸入ビジネスってビジネスモデルがシンプルでイメージしやすいのではないでしょうか?

一言で言うのであれば、「欧米諸国から商品を安く仕入れて、日本で高く販売する」だけです。

逆に、プログラミングなんかは、イメージしにくいですよね?

少し本を読んだ程度では、「どんなコードを書けばいいのか?」全然イメージできないと思います。

欧米輸入ビジネスは、ビジネスモデルがイメージしやすく、初心者でもとっかかりやすいのが特徴だと思います。

② 知識やスキルがほとんど必要ない

また、欧米輸入ビジネスは知識やスキルがほとんど必要ないのも人気である理由の一つですね。

再度プログラミングを例にしますが、プログラミングはプログラミング言語を学ばないとまったく仕事になりません。

後は、youtubeなんかもそうではないでしょうか?スマホとかで動画を撮るのは初心者でも簡単にできますが、動画編集はある程度の知識やスキルが必要ですよね。

知識やスキルがほとんど必要ない仕事は、どの仕事でもそうですが初心者に人気です。

③ 少額から実践可能

また、欧米輸入ビジネスは少額から実践可能であることも人気である理由の一つですね。

だいたい50万円くらいの元手があれば、欧米輸入ビジネスを始めることが可能です。

初心者の方の中には、「できるだけ損をしたくない…。」と思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

損をしたくないのであれば、少額からスタートできるビジネスの方がいいですよね?

欧米輸入ビジネスは人気なのに、飽和しないのか?

ここまでお話ししました通り、欧米輸入ビジネスは初心者に人気の手法です。

でも、「人気なのに、飽和しないのか?」、「今から参入しても稼げるようになるのか?」疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言いますと、欧米輸入ビジネスは今のところ飽和していません

もちろん、過去に欧米輸入ビジネスを実践されてきた方はかなり多いでしょう。

10年以上前からあるビジネスですしね。

ですが、多くの方は欧米輸入ビジネスから撤退されています!

「稼げないから…。」という理由ではありません。

稼げて来た人ほど、時期を見計らって撤退していくのです。

欧米輸入ビジネスの中でも、総代理ビジネスと言って、日本の総代理店になるビジネスを始めたり。

自社製品を作って、他販路で販売したり。

そもそも輸入ビジネスから撤退される方もいます。

今まで稼げて来た人がどんどん抜けていくので、今から欧米輸入ビジネスを始めたい初心者でも稼ぐことは難しいことではありません。

欧米輸入ビジネスは人気だけど、デメリットもある

では、なぜ欧米輸入ビジネスで稼げて来た人ほど、撤退していくのでしょうか?

一番大きな理由は、欧米輸入ビジネスのビジネスモデルにあります。

欧米輸入ビジネスは、一度仕入れた商品をリピート仕入することが難しいです。

販売する頃には、価格競争になってしまったり、ライバルセラーが増えてしまったりするからです。

つまり、半永久的に商品リサーチをし続けなければなりません。

欧米輸入ビジネスは、資産にならない…というのが、撤退する人の大きな理由であり、欧米輸入ビジネスのデメリットでもありますね。

あなたも、欧米輸入ビジネスからスタートしても全く問題ないんですが、徐々に資産性のあるビジネスに移行していきましょう。

資産性のあるビジネスでおすすめなのが、中国輸入OEMビジネスですね。

一度商品ページを作ってしまえば、あとは少々のメンテだけで半永久的に稼ぎ続けることが可能です。

最後に

今日は、欧米輸入ビジネスが初心者に人気である理由についてのお話しでした。

最後に、少しだけ欧米輸入ビジネスのデメリットについて触れましたが、欧米輸入ビジネスは今でも人気で稼げるビジネスであることには変わりありません!

徐々に、資産性のあるビジネスに移行することを意識しながら始められてはいかがでしょうか?

それでは、また。