徹底解説!欧米輸入ビジネス初心者におすすめの稼ぎ方

.jpg - 徹底解説!欧米輸入ビジネス初心者におすすめの稼ぎ方

皆さん、こんにちは。元公務員のすぐるです。

欧米輸入ビジネスについてちょっと調べてみたけど、稼ぎ方がいまいちピンとこない…。という初心者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は、欧米輸入ビジネス初心者の方に向けて、おすすめの稼ぎ方を紹介したいと思います。

早速、行ってみましょうー。

欧米輸入ビジネス初心者におすすめの稼ぎ方とは?

早速ですが、本題です。

欧米輸入ビジネスって、実はいろいろな稼ぎ方があります。

一番有名なのは、欧米輸入ビジネスの単純転売ではないでしょうか?

他にも、海外メーカーと直接的に取引する欧米輸入ビジネスのメーカー取引や、日本の代理店をする欧米輸入ビジネスの代理店ビジネスがあります。

この中で、欧米輸入ビジネス初心者におすすめの稼ぎ方は単純転売です。

その理由についてお話しします。

① 小資金で始めることができる

一つ目の理由は、小資金で始めることができることですね。

欧米輸入ビジネスの単純転売は、比較的少ない資金でも始めることが可能です。

だいたい50万円くらいあればいいですね。

小資金で始められる理由は、単純転売は基本的に横積み展開だからです。

同じ商品は、だいたい数個くらいしか仕入れません。

メーカー取引などで扱えないような回転の遅い商品を扱うことが多いので、そこまで一気に仕入れられないのですよね。

欧米輸入ビジネス初心者の方であれば、そこまでリスクは取りたくないはずです。

それならば、メーカー取引や代理店ビジネスをせずに、単純転売をした方がいいですね。

② 再現性が高く、簡単である

二つ目の理由は、再現性が高く簡単であることです。

実は、欧米輸入ビジネス単純転売を長年実践している人ってそこまで多くはありません。

だいたいの人が、単純転売である程度資金を確保してから、メーカー取引や代理店ビジネス、もしくは中国輸入OEMビジネスなどに移行していきます。

移行する理由は、単純転売が労働型のビジネスだからです。

単純転売の商品って、基本的にはリピートできない商品がほとんどなので、稼げる金額に上限があるのです。

だいたい100万円前後で頭打ちです。

それ以上稼ぎたいのであれば、労働型のビジネスではなく資産性のあるビジネスに移行する必要があるんです。

なので、欧米輸入ビジネス単純転売である程度資金を確保したセラーは、撤退していきます。

裏を返せば、欧米輸入ビジネス単純転売には猛者はほとんどいないので、初心者でも稼ぎやすく再現性が高いと言えます

欧米輸入ビジネス初心者が稼ぐための具体的な手順

では、実際に欧米輸入ビジネス初心者が稼ぐにはどのような手順で作業を進めたらいいのでしょうか?

欧米輸入ビジネスの具体的な稼ぎ方について、紹介したいと思います。

① おおまかな大枠を掴む

まずは、おおまかな大枠を掴むことが大切です。

おおまかな大枠を掴むことで、結果を出すまで一直線で突っ走ることができます。

  • 欧米輸入ビジネスで稼げる仕組み
  • 欧米輸入ビジネスで稼げるようになるまでのフロー

私のおすすめは、書店に並んでいる本を何冊か読むことですね。

稼ぐうえで一番重要なことは書いてなかったりしますが、おおまかな大枠を掴むことは可能です。

図や写真もたくさん使われている本も多く、イメージしやすいかと思います。

② 欧米輸入ビジネスで稼ぐ準備をする

次に、欧米輸入ビジネスで稼ぐ準備をしましょう。

欧米輸入ビジネスを始めとしたビジネスで結果を出すには、周りの環境がとても大切です。

  • 1日2~3時間くらいの時間の確保
  • 最低50万円くらいの資金の確保
  • パソコンやWIFI環境など

最低限、以上の3つは揃えるようにしましょう。

どれだけ優秀な方でも、どれか欠けていたら全く稼げませんし、たとえ稼げたとしても大きなアドバンテージになってしまいます。

③ 欧米輸入ビジネスを実践する

準備ができたら、いよいよ欧米輸入ビジネスを実践しましょう。

とりあえずは独学で始めたい!という方もいるでしょう。

でも、独学で実践した場合、なかなか前に進むことができないと思います。

欧米輸入ビジネスで最短・最速で稼ぐには行動力が必須です。

その行動力を後押ししてもらうためにも、コンサルなどの情報商材に手を出してみるのもいいと思います。

最後に

今日は、欧米輸入ビジネス初心者の方向けに、おすすめの稼ぎ方の紹介でした。

いろんなビジネスがありますが、欧米輸入ビジネスは本当に稼ぎやすいと思います。

欧米輸入ビジネスに出会えてラッキー!くらいな感覚で、今日から始められてはいかがでしょうか?

それでは、また。