中国輸入OEMビジネスに必要な資金をシミュレーションしてみた

.jpg - 中国輸入OEMビジネスに必要な資金をシミュレーションしてみた

皆さん、こんにちは~。

元公務員のすぐるです。

今日は、中国輸入OEMビジネスに必要な資金をシミュレーションしてみたいと思います。

それでは早速行ってみましょう~。

シミュレーションの前提条件

まず、販路について。

今回は、初心者に向けたシミュレーションということで、販路はAmazonとしたいと思います。

また、初心者が目標とする月利は10万円です。

中国輸入OEMビジネスの利益率は20~30%前後ですので、月利10万円を達成するためには、月商100万円を達成すればいいことになります。

(中国輸入OEMビジネスでは、狙いたい月商=手持ちの資金となります。)

そこで、僕の方で月商100万円前後のベンチマーク商品を探してみました。

それが、今回ベンチマークとする電子ノギスです。

.jpg - 中国輸入OEMビジネスに必要な資金をシミュレーションしてみた

Amazonで確認すると、販売価格は2800円。

さらに、セラースプライトで確認すると、1か月あたり300個売れていることが分かりました。

ということは、販売価格2800円×300個=月商84万円ですよね。

(具体的にどの商品なのかは、セラーさんに悪いので控えさせていただきます。)

さらに、アリババで工場選定したところ、この商品の仕入れ値は45元、重量は0.32kgでした。

為替レートは18円/元で計算しようと思います。

それではシミュレーションスタートです。

アリババでのリサーチの方法

必要な資金のシミュレーション

まずは、簡単に中国輸入OEMビジネスの流れを紹介したいと思います。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

中国輸入OEMビジネスの流れ

この流れに沿って、それぞれの工程で必要な資金を紹介していきます。

  1. 商品リサーチ
  2. オリジナル要素の検討
  3. 工場側のリサーチ
  4. サンプル品の発注
  5. サンプル品の確認
  6. 本発注
  7. 商品ページのたたき台の作成
  8. 商品の写真撮影
  9. デザイン依頼
  10. 商品ページの作成
  11. 販売開始
  12. 商標権の取得
  13. 各種チューニング

① 商品リサーチ

まずは、商品リサーチをします。

今回は、ツール、セラースプライトを使って商品を探しました。

ですので、セラースプライトの使用料金がかかります。

セラースプライト…10,000円/月

② オリジナル要素の検討

次に、オリジナル要素の検討です。

ここでは、自分でAmazonの商品レビューを参考にオリジナル要素の検討をしますので、資金は必要ありません。

③ 工場側のリサーチ

次に、工場側のリサーチをします。

代行会社を通してリサーチを依頼するので、代行会社代が必要となります。

代行会社代…30,000円/月

④ サンプル品の発注

工場側のリサーチが終わったら、次は選定した工場からサンプル品を取り寄せます。

ここでは、5つの工場からサンプル品を取り寄せたと仮定します。

サンプル品代…45元×18円/元×5つ=4,050円

⑤ サンプル品の確認

次に、届いたサンプル品の確認をします。

手動でサンプル品の確認をしますので、ここでは資金は必要ありません。

⑥ 本発注

工場の選定が終わったら、いよいよ本発注です。

ここでは、仕入資金、国際送料、関税・消費税、国内送料・その他経費がかかります。

順に説明します。

まずは、仕入資金。

セラースプライトで調べた300個/月をベースに、300個仕入れたと仮定します。

仕入資金…45元×18円/元×300個=243,000円

次に国際送料。

中国から日本に商品を送る方法としては、航空便、快速船便、D・C船便などがありますが、ここでは一番高い航空便の費用を目安にしたいと思います。

航空便の費用は、高く見積もって18元/kg。

国際送料…0.32kg×18元/kg×18円/元=31,104円

次に、関税・消費税。

関税は(仕入資金+国際送料)×0.2、消費税は(仕入資金+国際送料+関税)×0.1で計算しようと思います。

関税…(243,000円+31,104円)×0.2=54,821円

消費税…(243,000円+31,104円+54,821円)×0.1=32,893円

最後に国内送料・その他経費。

国内送料は、中国の工場から代行会社まで商品を送る時にかかる費用のこと。

その他経費は、代行会社から日本の代行会社またはAmazonに直納するときにかかる段ボール代・梱包代のことです。

ここでは一括で50円で計算しておきましょう。

国内送料・その他経費…50円×300個=15,000円

⑦ 商品ページのたたき台の作成

本発注したら商品が日本に届くまでにやっておくことがあります。

それが、⑦~⑩の内容になります。

まずは、商品ページのたたき台の作成。

これは、パワーポイントで作成するだけですので費用は必要ありません。

⑧ 商品の写真撮影

次に、商品の写真撮影。

自分で写真を撮影しても良いのですが、いい写真を撮りたいのであればプロに外注してしまいましょう。

おすすめは、バーチャルインです。

写真撮影代…約30,000円

⑨ デザイン依頼

次に、デザイナーにデザインを依頼します。

もちろん、これも自分でやっても良いのですが、プロでもない限り外注することをおすすめします。

デザインの依頼代…約50,000円

⑩ 商品ページの作成

次に、商品ページの作成をします。

新規商品登録を始めてやる人は、JANコードの取得費用がかかります。

JANコードの取得代…16,500円

⑪ 販売開始

そろそろ商品が日本に届くころではないでしょうか?

販売開始したら、アマゾン手数料が必要になります。

FBA料金シミュレーターで計算したところ、1商品当たり644円必要であることが分かりました。

アマゾン手数料…644円×300個=193,200円

また、売上管理はプライスターで行います。

プライスターの費用…5,000円/月

⑫ 商標権の取得

次に、商標権の取得です。

自分で商標権を取得しても良いのですが、外注したほうが圧倒的に早く取得できます。

おすすめはTORERUです。

商標権の取得…70,000円

⑬ 各種チューニング

最後に、各種チューニングでは広告運用やレビュー対策を行います。

ここでは、広告費がかかります。

広告費は商品によってバラバラですので一概には言えませんが、10万円~20万円が相場でしょう。

ここでは、20万円で見積もっておきます。

広告費…200,000円

まとめ

これで、中国輸入OEMビジネスに必要な資金のシミュレーションは終わりです。

合計すると…985,568円。

約100万円ですね。

正直、中国輸入OEMビジネスは初月は赤字です。

ですが、商標権の取得や写真撮影代など一回きりの費用が多いため、リピート発注するごとに黒字転換していきます。

中国輸入OEMビジネスは、トータルで黒字を目指すのがいいですね。

それでは、お疲れ様でした~。

またお会いしましょう!

すぐる