Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

JAN - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

皆さん、こんにちは~。

元公務員のすぐるです。

今日は、Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方について解説していきたいと思います。

それでは、早速行ってみましょう!

JANコード取得の方法

まず、下記URLをクリックしてください。

GS1事業者コードの新規登録手続き

そうすると、以下のような画面が表示されると思います。

メールアドレスの登録”をクリックしましょう。

JAN① - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

メールアドレスの登録をクリックすると、以下のような画面が表示されると思います。

メールアドレスと画像に表示されている文字を入力し、“メールアドレスを登録する”をクリックしましょう。

JAN② - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

メールアドレスを登録するをクリックすると、登録したメールアドレス宛に下記文面のメールが届くと思います。

メールの中のURLをクリックしましょう。

JAN③ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

URLをクリックすると、以下のような画面が表示されると思います。

5か所それぞれのチェックボックスに“同意する”を押しましょう。

5か所全てに同意するを押したら、“次へ進む”をクリックしましょう。

JAN④ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方
JAN⑤ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方
JAN⑥ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

次へ進むをクリックすると、以下のような画面が表示されると思います。

“はじめてのバーコードガイドを読みました”にチェックを入れ、“次へ進む”をクリックしましょう。

JAN⑦ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

次へ進むをクリックしたら、以下のような画面が表示されると思います。

①法人/個人を入力してください。

②事業者名を入力してください。(個人の場合は個人名で大丈夫です。)

③事業者名(カナ)を入力してください。

④事業者名(英文)を入力してください。

⑤代表者の氏名を入力してください。

⑥本社所在地を入力してください。

⑦本社電話番号を入力してください。

全て入力が完了したら、“次へ進む”をクリックしましょう。

JAN⑧ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方
JAN⑨ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

次へ進むをクリックしたら、以下のような画面が表示されると思います。

①担当者氏名を入力してください。

②担当者氏名のフリガナを入力してください。

③担当者所在地を入力してください。

④電話番号を入力してください。

全て入力が完了したら、“次へ進む”をクリックしてください。

JAN⑩ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方
JAN⑰ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

次へ進むを入力したら、以下のような画面が表示されると思います。

①申請料算定区分を入力してください。Amazon×OEMビジネスの場合、自社商品の販売事業に当たるので“区分1”になります。

②年商を入力してください。まだ決算を迎えていない事業者の場合はになります。

入力が完了したら、“次へ進む”をクリックしてください。

JAN⑫ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

次へ進むをクリックしたら、以下のような画面が表示されると思います。

①利用用途を選択します。JANコードにチェックを入れてください。

②今後3年間の商品アイテム数を選択します。おそらく1000アイテム以下だと思いますので、1000アイテム以下にチェックを入れてください。

③業態分類コードを入力します。100:製造業・生産者を入力してください。

④ご自身が取り扱う予定の取扱品目コードにチェックを入れてください。

⑤取扱予定の商品名を入力してください。

⑥主要取引先にはAmazonと入力してください。

全て入力が完了したら、“入力内容の確認”をクリックしてください。

JAN⑮ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方
JAN⑬ 1 - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方
JAN⑭ 2 - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

入力内容の確認をクリックすると、以下のような画面が表示されると思います。

支払い方法を選択し、“次へ進む”をクリックしてください。

JAN⑯ - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

登録申請料を支払うと、申請内容に不備がなければ約2週間以内にGS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が郵送で自宅に届きます。

これでJANコードの取得は完了です。

なぜ、JANコードが必要なのか?

なぜ、Amazon×OEMビジネスにJANコードが必要なのか?

一言で言うと、新規商品登録時にJANコードが必要だからです。

本発注が終わったら、商品がFBAに納品されるまでに商品ページを作成しなければなりません。

その際にJANコードが必要となってきます。

JANコードとは?

JANコードとは、「どの事業者のどの商品なのか?」を表す世界共通の識別番号です。

通常、バーコードスキャナーで読み取れるように、JANシンボルと呼ばれるバーコードシンボルによって商品がパッケージ化されています。

また、JANコードとはJapanese Article Numberの略で日本国内での略称です。

国際的にはEAN(European Article Number)コードあるいはGTIN-13、GTIN-8と呼ばれます。

JANコードには標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2種類があり、標準タイプはGTIN-13、短縮タイプはGTIN-8とそれぞれ呼ばれることもあります。

JANコードの標準タイプは、①GS1事業者コード(7桁または9桁)、②商品アイテムコード(3桁または5桁)、③チェックデジット(1桁)で構成されています。

.jpg - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

JANコード取得にかかる費用は?

JANコード取得にかかる費用は、GS1事業者コード登録申請料のみ必要となります。

GS1事業者コード登録申請料は、事業者の申請料算定区分と年商の組み合わせによって決まります。

申請料算定区分は、区分1と区分2によって構成されています。

年商の50%以上が製造事業または自社商品の販売事業に当たる事業者は区分1を、年商の50%以上が卸売事業、小売事業、サービス事業に当たる事業者は区分2を選びます。

Amazon×OEMビジネスの場合、年商の100%が自社商品の販売事業に当たるので区分1ということになりますね。

年商は、事業者全体の年間の売り上げのことです。

まだ、決算を迎えていない事業者の場合は年商は0ということになります。

例えば、年商1億円未満で区分1の事業者の場合、登録申請料は16,500円となります。

詳しくは下の表を参考にしてください。

.jpg - Amazon×OEMビジネスに必須なJANコード取得のやり方

(一般財団法人 流通システム開発センターHPより引用)

まとめ

以上で、Amazon×OEMビジネスに必須なJANコードの取得方法についての解説は終わりです。

お疲れ様でした~。

またお会いしましょう!

すぐる