Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

皆さん、こんにちは~。

元公務員のすぐるです。

今日は、Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法について解説していきたいと思います。

それでは、早速行ってみましょう!

オリジナル要素の検討とは?

商品リサーチでOEMする商品が見つかったら、次にやることがオリジナル要素の検討です。

ベンチマークとした商品のどういう所を改善できるのか、頭を使って考えましょう。

改善ポイント=オリジナル要素という訳ですね。

オリジナル要素をどうやって検討するのか?

ただ、いきなり改善ポイントを考えましょう。と言われてもなかなかできることではありませんよね。

ですので、改善ポイントをどうやって検討するのか、商品例を挙げて解説したいと思います。

今回、例に挙げる商品はロードメジャーです。

ベンチマークとする商品はこちら。

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

① ベンチマーク商品のカスタマーレビューを見る

まずは、ベンチマーク商品のカスタマーレビューを見るです。

カスタマーレビューは、実際にその商品を使用したお客様の声が素直に反映されたポイントです。

ですので、まずはカスタマーレビューをチェックするようにしましょう。

このロードメジャーのカスタマーレビューは以下のようになっています。

☆5の内の☆3.9。

何か改善ポイントが見つかりそうですね。

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

ここで注意していただきたいのが、☆5と☆1

☆5は自作自演のレビューである可能性があるため、あまり参考にならないかもしれません。

また、☆1は競合からの嫌がらせレビューの可能性があるため、こちらもあまり参考にならないかもしれません。

レビューは見極めが大事ですね。

ですので、今回は☆3をチェックしてみたいと思います。

☆3の中で気になった点がこちら。

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

もう少し持ち手が長くなれば、使いやすいかな。とのこと。

持ち手の部分を少し長くするというのが、オリジナル要素になりそうですね。

もう少し見てみましょう。

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

1cm単位で測れるとよりいい。とのこと。

このロードメジャーは10cm単位でしか測れないので、より細かく測りたいという方もいらっしゃるようですね。

この場合、1cm単位で測れるようにするというのがオリジナル要素になりそうです。

② ベンチマーク商品のカスタマーQ&Aを見る

カスタマーレビューを見ても改善ポイントが見つからなかった場合にやって頂きたいのが、このカスタマーQ&Aを見るということです。

カスタマーQ&Aは、商品ページ下部にあります。

それでは、見てみましょう。

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

ウォーキングメジャーの誤差がありますか?という質問に、誤差(100cmにつき̟+-0.5cm)となっております。とのこと。

もしかしたら、お客様は誤差が少ないウォーキングメジャーを探していたのかもしれませんね。

ですので、この場合、誤差をより小さくするというのがオリジナル要素となりそうです。

③ ベンチマーク商品を実際に手に取ってみる

それでも、改善ポイントが見つからなかった場合にやって頂きたいのが、このベンチマーク商品を実際に手に取ってみるということです。

実際に手に取ってみて使用することで、その商品の気になる点が見えてきます。

④ 類似商品の商品ページを参考にする

それでも、改善ポイントが見つからなかった場合にやって頂きたいのが、この類似商品の商品ページを参考にするということです。

商品ページ内のカスタマーレビュー、カスタマーQ&Aを参考に改善ポイントを探してみましょう。

今回見つけた類似商品はこちら。

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

この商品のカスタマーレビューを見てみたいと思います。

今回は☆3を参考にしてみましょう。

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

取扱説明書は日本語表記無し。とのこと。

どうやらこのロードメジャーには日本語表記の取扱説明書は入ってなかったみたいですね。

ベンチマーク商品に日本語の取扱説明書が入っているのかは分かりませんが、分かりやすい取扱説明書を付属させるというのは、一つの改善ポイントになりそうです。

もう一例見てみましょう。

.jpg - Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法

10cm単位なので細かい数字が出せないとのこと。

これも、先ほどと同様に1cm単位で測れるようにするというのが改善ポイントになりそうですね。

また、電池を交換する時のフタが開けにくそうだとのこと。

電池の交換をする時のフタを開けやすくするというのが改善ポイントになりそうですね。

⑤ アンケートをとってみる

それでも改善ポイントが見つからなかった場合にやって頂きたいのが、アンケートをとってみるです。

クラウドワークスやランサーズといったサイトでは、アンケートをとることができます。

商品ページを掲示し、どこか改善ポイントはありますか?といったアンケートをとってみるのも良いかもしれません。

⑥ 本、雑誌、研究論文を参考にする

それでも改善ポイントが見つからなかった場合にやって頂きたいのが、本、雑誌、研究論文を参考にする。です。

ロードメジャー専門の本、雑誌、研究論文があるかは分かりませんが、探したら見つかるかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

以上で、Amazon×OEMビジネスでオリジナル要素の検討方法についての解説は終わりです。

お疲れ様でした~。

またお会いしましょう!

すぐる