Amazon転売?メルカリ転売?いえ、OEMをやりましょう

.jpg - Amazon転売?メルカリ転売?いえ、OEMをやりましょう

皆さん、こんにちは~。

元公務員のすぐるです。

今日は、Amazon転売やメルカリ転売をするくらいなら、OEMをやりましょう!というテーマでお話ししたいと思います。

それでは、早速行ってみましょう!

Amazon転売やメルカリ転売の特徴

Amazon転売やメルカリ転売は初心者におすすめ!という言葉を耳にしたことはありませんか?

確かに、Amazon転売やメルカリ転売は簡単で再現性の高いビジネスですので、初心者にも稼ぎやすいビジネスであることは間違いありません。

初心者でも、すぐに月利10万円を達成することができます

ですが、Amazon転売やメルカリ転売はメリットよりもデメリットの方が多いです。

第一に、稼げる上限が低いこと。

Amazon転売やメルカリ転売はとにかく忙しいです。

自分で商品リサーチをして、商品を仕入れ、商品ページを作り、商品を梱包し、お客様に商品を発送する。

この工程を毎回の仕入れ毎に行わなければなりません。

上記の工程を外注するにしても、今度は外注とのやり取りが大変になってきます。

このように、Amazon転売やメルカリ転売は労働型のビジネスですので、どんなに働いても稼げる上限が出てきてしまいます。

副業の方で月利50万円、本業の方で月利100万円くらいが上限でしょう。

デメリットの二つ目は、真贋調査に引っかかりやすいということです。

とくに、Amazonでは購入した商品が本物かどうかの証拠が欲しい、とお客様から言われることがあります。

その場合、僕たちセラーはお客様に、購入した証拠となるインボイスを提出しなければなりません。

そのインボイスが正式に認められればいいのですが、認められないケースも多いです。

そして、認められなかった場合、最悪の場合アカウントの停止・アカウントの閉鎖もあり得ます。

OEMビジネスの特徴

次に、OEMビジネスの特徴です。

OEMビジネスの特徴は、基本的にAmazon転売やメルカリ転売と真逆です。

先にデメリットから紹介します。

OEMビジネスのデメリットは、難しく再現性の低いビジネスであることです。

OEMビジネスの難易度は、Amazon転売やメルカリ転売と歴然の差です。

特に、商品リサーチ。

OEMビジネスで一番大切になってくるのが、この商品リサーチです。

どんな市場で戦うのか?、競合の数はどれくらいいるのか?、自社の強みは何か?を総合的に考えて商品をリリースしていきます。

つまり、マーケティングスキルが必要になってくるのですね。

次に、メリットを紹介します。

第一に、稼げる上限が高いこと。

Amazon転売やメルカリ転売が小ロットを仕入れるのに対して、OEMビジネスでは一度に大ロットを仕入れます。

また、一度仕入れたらそれで終わりではなくて、うまく軌道に乗ったら、リピート発注することも可能です。

ですので、Amazon転売やメルカリ転売に比べて忙しくなく、稼げる上限も高くなります。

Amazon転売やメルカリ転売が労働型のビジネスであるのに対して、OEMビジネスは資産型のビジネスなのですね。

もちろん、扱う商品の数が増えてきたら稼げる上限は出てきてしまいますが、副業の方で月利200万円、本業の方で月利500万円くらいまでは稼げるでしょう。

第二に真贋調査に引っかからないこと。

OEMビジネスでは、既存商品を改良して、自社商品として商品を販売していきます。

ですので、真贋調査に引っかかるということは、まずあり得ません。

中国輸入OEMビジネスをしよう

ここまで、Amazon転売やメルカリ転売をするくらいなら、OEMビジネスをしようというお話をしてきました。

さて、OEMビジネスと言っても仕入先によってやり方はたくさんあります。

例えば、中国や国内、タイなどの仕入れ先があります。

どの仕入れ先を選んだらいいのでしょうか?僕は、この中で中国を推します。

理由の一つ目は、国際送料が安いことが挙げられます。

国際送料は、荷物を送る距離に比例して高くなります。

タイに比べ中国は日本との距離が近いので、国際送料も安くなります。

理由の二つ目は、人件費が安いことが挙げられます。

OEMビジネスをする場合には、商品の梱包であったり、セット組みが必要になります。

国内に比べ、中国は人件費が安いです。

これで、中国から仕入れたほうがいいことが分かってもらえたでしょうか?

Amazon×中国輸入OEMビジネスのやり方を大公開!

まとめ

OEMビジネスは、難しいビジネスではありますが、稼げる上限が高く、また真贋調査にも引っかかることもありません。

不安定ながらも月利100万円程度が稼げて満足できる人であれば、Amazon転売・メルカリ転売でもいいですが、それ以外の人はOEMビジネスを始めましょう!

それでは、またお会いしましょう!

すぐる