セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

皆さん、こんにちは~。

元公務員のすぐるです。

今日は、Amazon×OEMビジネスでセラースプライトを使った商品リサーチのやり方について解説していきたいと思います。

それでは、早速行ってみましょう~。

セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

まず、セラースプライトを開いてください。

セラースプライトの会員登録がまだの人は、先に会員登録を済ませておいてください。

セラースプライトの会員登録方法

セラースプライトにログイン後、以下のような画面が表示されると思います。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

キーワード、マーケット、モニタリング、フリーツールの中の「マーケット」を選択しましょう。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

そうすると、上記のような画面が表示されると思います。

ライバル商品リサーチ、市場リサーチ、商品リサーチ、マイリストの中から、「商品リサーチ」を選択しましょう。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

そうすると、上記のような画面が表示されると思います。

国家の中から、日本を選択。

そして、日付の中から一番直近の日付のものを選択するようにしましょう。

この日付とは、例えば2020-3の場合、2020年3月分のデータを選択していますよ。という意味です。

セラースプライトでは過去にセラースプライトがAmazonから取得したデータを全て見ることができます。

ですが、あまりにも過去のデータを見るより、直近のデータを見る方が信ぴょう性が高いので、直近のデータを見るようにしましょう。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

次に、上記のような画面が表示されると思います。

ここでは、Amazonの全大カテゴリーのうち、調べたい大カテゴリーを選択することができます。

例えば、ホーム&キッチンを調べたい場合は、上図のようにホーム&キッチンにチェックを入れましょう。

ここで気を付けておきたいポイントとしては、輸入規制商品がある大カテゴリーをチェックするのは初心者はなるべく避けようということです。

例えば、ドラッグストアは薬事法、食品・飲料・お酒は食品衛生法で引っかかります。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

Amazon×OEMビジネスで覚えておきたい法律について

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

次に、上記のような画面が表示されると思います。

ここでは、販売数や販売額、ベストセラーランキングなど細かい条件を調べることができます。

初心者の方におすすめなのは、販売額とレビューの数を条件に入れることです。

初心者はまずは月商100万円程度の商品をベンチマークにするべきです。

ですので、販売額には500,000~1,500,000と入力しましょう。

レビューについては、あまりにもレビューの数が多すぎてもいけないので、とりあえず150と入力しておきましょう。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

次に、画面下の方に上記のような画面が表示されていると思います。

リサーチ」をクリックしましょう。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

そうすると、上記の例のように検索条件に当てはまった商品が一覧になって表示されます。

今回は、この商品をチェックしてみましょう。

レビューは3個、販売額も50万円超えといい感じですね。

ASIN横のチェックをクリックすると、Amazonの商品詳細ページに飛びます。

クリックしてみましょう。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

セラースプライトではレビューの数が3個でしたが、なんと241個ものレビューが入っていました。

これはレビューが多すぎですね…。

レビュー数が多すぎるとレビューの数でベンチマーク商品になかなか勝てないので、OEMするのは控えておいた方が良さそうです。

※セラースプライトは優秀なツールではありますが、このようにデータに誤差があるケースがあります。ですので、必ずAmazonの商品詳細ページに飛んでデータが正しいかチェックするようにしましょう。

もう1商品見てみましょう。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

レビューの数は約20個、販売額も120万越えといい感じです。

それでは、Amazonの商品詳細ページを見てみましょう。

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方

レビューの数も33個、ホーム&キッチンで3787位と月商120万円くらいは見込めそうです。

ただし、この商品の場合キッチンペーパーホルダーで15位という所が気になりますね…。

もっと売れている商品があれば、その商品をベンチマーク商品とするべきです。

このようにして、商品リサーチをやっていきます。

そして、レビュー、販売額の観点からOEMする商品が見つかったら、次は利益率の計算をしていきます。

目安としては、利益率が30%以上見込める商品に限定しましょう。

利益率の計算方法

Amazonのレビュー状況、販売額、利益率などの観点からOEMするべき商品を絞り込んでいくのです。

Amazon×OEMビジネスの商品リサーチは、どんどんふるいにかけていくことがポイントになってきます。

ふるいにかけるポイントはかなり多いので、コンサルなどを通してその都度学んでいくようにしましょう。

まとめ

以上で、Amazon×OEMビジネスでセラースプライトを使った商品リサーチのやり方についての解説は終わりです。

お疲れ様でした~。

またお会いしましょう!

すぐる

(追伸)

以下のクーポンを使うと、価格から30%の割引きが適用されます。

ぜひ、ご利用ください!

クーポン BD0154

.jpg - セラースプライトを使った商品リサーチのやり方