Amazon×OEMビジネスの概要

.jpg - Amazon×OEMビジネスの概要

皆さん、こんにちは~。元公務員のすぐるです。

今日は、Amazon×OEMビジネスの概要について解説したいと思います。

それでは、早速行ってみましょう~。

Amazon×OEMビジネスとは?

Amazon×OEMビジネスとは、簡単に言うとOEMした商品をAmazonで販売するビジネスのことです。

OEMとはどういう意味なのか分からない人も多いと思いますので、説明しておきます。

OEMとは、Original Equipment Manufacturingまたは Original Equipment Manufacturerの略語です。

OEM生産では受託者が商品の生産を行いますが、委託者がデザインから設計の図面まで受託し、場合によっては受託者に技術指導まで行います。

Amazon×OEMビジネスの場合、委託者が自分、受託者が工場になるので、自分がデザインから設計の図面まで担当しますが、商品の生産は工場が行います

では、なぜAmazonで販売する時にOEMする必要があるのでしょうか?OEMなんてしないで、普通に海外から輸入した商品をそのまま販売すれば良いのでは?と思った方もいらっしゃるかもしれません。

話は変わりますが、Amazonでは同一商品ページに複数の出品者が出品できるという形態をとっています。

そのため、同一商品ページ内での出品者同士の争いが激しく、価格競争が起こったり、カートボックスが取りにくかったりという弊害が生まれていました。

そこで簡易OEMというものが生まれました。

自社商品に簡単なロゴを入れ、商標権を獲得することによって、他社セラーからの相乗りを防ぎます。

そうすることによって、価格競争を防ぎ、カートボックスも100%とれるようになります。

商品を簡易OEMする方法はいくつもあります。商品にロゴを入れて販売するだけでなく、商品に日本語取扱説明書をつけたり、カラーバリエーションを増やして販売したりと。いろいろな手法があります。

しかし、この簡易OEM。とても簡単にできてしまうので他のセラーからすぐにまねをされてしまいます。

結果、簡易OEMしただけでは、他のセラーからすぐにまねをされ、ライバルが増えてしまいます。

ライバルが増えるとどうなるのか?同一商品ページではないにしろ、価格競争が起きてしまいますね。

そこで、生まれたのがOEMという手法です。

OEMとはベンチマーク商品の悪いレビューを参考にして、ベンチマーク商品を改良するという手法のことです。

商品の改良までしてしまえば、ライバルセラーもまねをしにくいので、ライバルの数もなかなか増えませんね。

Amazon×OEMビジネスに必要な資金は?

狙いたい月商にもよるので、何とも言えないのですが、狙いたい月商=必要な資金と捉えて頂いて結構です。

Amazon×OEMビジネス初心者が狙うべき月商は100万円前後だと言われています。

ですので、必要な資金は約100万円となります。

ですが、Amazon×OEMビジネスは非常に難易度が高いです。普通の転売ビジネスの難易度と比べても歴然の差です。

なので、コンサルは受けたほうが良いでしょう。

コンサルの料金の相場は、1年間で100万円くらいです。

ですので、OEMする資金100万円と合わせて、200万円準備した方がよいですね。

200万円準備できない人は、融資を受けることも考えましょう。

Amazon×OEMビジネスはどこでできる?

Amazon×OEMビジネスは、OEMできる工場さえ見つかれば、どこででもできます。

一番オーソドックスな場所だと、中国になります。

中国には、私たちが想像している以上の数の工場があります。

そして、ほとんどの工場がOEMできる工場です。

ですので、OEMを初めてやる!という人には中国でOEMすることをおすすめしますね。

OEMできる工場があるのは、中国だけではありません

日本国内でもOEMできる工場はありますし、最近だとタイでもOEMは可能です。

中でもタイは最近人気ですね~。

中国でOEMしようとすると、どうしても大ロット発注しなければなりません。

なかなか小ロットからOEMできる工場が見つからないんですよね。

ですが、タイでは小ロットからOEMできます。

ですので、小ロットでOEMに挑戦してみたい!という人にはタイOEMはおすすめかもしれませんね。

ただし、タイでOEMするには、一度現地に赴かなければならいので、その辺がネックになってくるかもしれません。

まとめ

これで、Amazon×OEMビジネスの概要についての解説は終わりです。

お疲れ様でした~。

またお会いしましょう!

すぐる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です