初心者のための輸入ビジネスの始め方を徹底解説します!

start - 初心者のための輸入ビジネスの始め方を徹底解説します!

皆さん、こんにちは~。元公務員のすぐるです。

今日は、輸入ビジネスの始め方について徹底解説したいと思います!

それでは、早速行ってみましょう~。

輸入ビジネスは結局何から始めればいいのか?(準備編)

輸入ビジネスをこれから始めたい!という方に向けて、輸入ビジネスは結局何から始めればいいのか?という疑問にお答えしたいと思います。

まずは、輸入ビジネスを実践するための準備をしましょう。

① 輸入ビジネスに関する本・ブログを読む

ビジネスをするには、まずは全体像を掴むことが大切です。

そこで、輸入ビジネスに関する本やブログを読み漁りましょう

「輸入ビジネスって何?」

「輸入ビジネスの手順って?」

本やブログを読むことで、このような基礎的な知識が身に付きます。

本やブログには情報が凝縮されています!

輸入ビジネスの全体像を掴み、大まかな理解をしましょう。

② 周りの環境を整える

大まかな全体像を掴めたら、次に輸入ビジネスに必要となる周りの環境を整えましょう

輸入ビジネスを始めたら分かりますが、輸入ビジネスは作業量が大切なビジネスです。

特に、商品リサーチ。

輸入ビジネスには、転売・メーカー取引・OEMといった手法がありますが、どの手法を取っても商品リサーチには時間がかかります。

なので、平日2〜3時間、休日4〜5時間は確保したいところです。

本業のあるサラリーマンや、家事・育児で忙しい主婦など忙しいのは分かりますが、家族の理解を得てなんとか時間を捻出するようにしましょう。

③ 各種法律について理解する

周りの環境を整えることができたら、次にやることが各種法律についての理解です。

海外から商品をなんでも輸入してもいいかと言えば、そんなことはありません。

そもそも輸入してはいけない商品、輸入するのに許可が必要な商品などがあります。

例えば、食品衛生法関連の商品。

食品や乳幼児のおもちゃは、食品等輸入届出書という書類を提出しないと輸入することができません。

他にも、薬事法・電気用品安全法・電波法などの法律があります。

輸入ビジネスを始める前に、これらの法律を理解しましょう。

③ 各種登録をする

各種法律について理解することができたら、次にやることが各種登録です。

具体的に何をすればいいのか?

Amazon輸入ビジネスを例にして解説したいと思います。

Amazon輸入ビジネスは、欧米輸入の転売のことです。

Amazon.comやebayなどのサイトから商品を見つけて、その商品を日本のAmazonで販売します。

なので、当然Amazon.comやebayの会員登録が必要となります。

また、日本のAmazonの販売用のアカウントも必要になります。

この会員登録という作業が、ここでいう各種登録になります。

ブログや本を読めば、やるべきタスクは明確になっていると思います。

一週間もあれば、各種登録は終わると思います。

④ 試しに商品を輸入して販売してみる

輸入ビジネスである一定以上の利益を出す(月利10万円)を出すには、かなりの量の商品数を仕入れる必要があります。

輸入ビジネスには、転売・メーカー取引・OEMという手法があるというのは解説しましたが、特にOEMでは一気に500〜1000といった商品数を仕入れることになります。

輸入ビジネス初心者が、いきなり500〜1000もの商品を仕入れるのなんて、怖くてできませんよね?

なので、試しに単価の安い(1000円くらい)商品を1個だけ仕入れてみましょう

仕入れる商品はなんでもいいです!(ただし、法律関連には気を付けてください。)

最悪売れなくても、1000円は勉強代だと割り切って仕入れてみましょう

売れ残った場合を考えて、自分で使える商品だといいかもしれませんね。

輸入ビジネスは結局何から始めればいいのか?(実践編)

さて、ここまでで輸入ビジネスに関する基礎は抑えられたことになります。

ここからはいよいよ実践に移ります。

① まずは独学で輸入ビジネスを実践してみる

まずは、独学で輸入ビジネスを実践してみましょう。

転売・メーカー取引だと見込み利益20万円、OEMだと月商100万円くらいの商品を目標にすれば、月利10万円は達成できます。

また、このタイミングで資金が少ない人は創業融資を受けることも考えましょう。

日本政策金融公庫であれば、低金利でお金を借りることができます。

輸入ビジネスで大切なのは、仕入れ資金とマインドです。

仕入資金は多ければ多いほど、結果が出やすいです。

転売は最低資金50万円、メーカー取引・OEMは最低資金100万円は必要ですので、足りない人は融資を引くようにしましょう。

② 必要があればコンサルを受けることも考える

先ほど、輸入ビジネスで月利10万円はさらっと達成できるという風に書きましたが、現実はそこまで甘くはありません。

月利10万円を達成するには、ある一定のノウハウが必要になります。

もちろん自分でできる人はいますが、大半の人は自分で学ぶのは難しいでしょう。

ですので、必要があればコンサルを受けるようにしましょう。

コンサル費用の相場は以下の記事で紹介しています。

コンサルを受ければ、よっぽど悪質なコンサルでない限り、月利10万円は達成できるでしょう。

コンサルを受けることで、結果が出やすいですし、結果が出るまでの時間を早めることができます。

輸入ビジネスを始めるにあたって、少しでも不安がある人はコンサルを受けるようにしましょう。

まとめ

以上で、輸入ビジネスの始め方についての解説は終わりです。

準備編と実践編の2つに分けて解説しました。

気になることがあれば、遠慮なくお問い合わせくださいね。

それでは、またお会いしましょう!

すぐる

物販・輸入ビジネスのコンサル生募集!

当ブログでは、物販・輸入ビジネスのコンサル生を募集しています。

①Amazon輸入ビジネスのコンサル

(資金が100万円用意できない人におすすめ!)

  • 限定会員サイトにご招待
  • チャットワークで無制限質問可能
  • 充実の半年間サポート
  • 月に1回の経過報告

ただ今、コンサル費用大幅値下げ中です!

詳しくはこちらをクリック!

 

②中国輸入OEMビジネスのコンサル

(資金が100万円以上用意できる人におすすめ!)

  • 限定会員サイトにご招待
  • チャットワークで無制限質問可能
  • 充実の1年間サポート
  • 月に1回の経過報告

ただ今、コンサル費用大幅値下げ中です!

詳しくはこちらをクリック!